ホーム サイトマップ
高橋
高橋川編
一之瀬
二ノ瀬編
龍喰川編 幻の鉱山編
現地レポート 武田埋蔵金 高橋編
  犬切峠を越え一之瀬川に到着
   一之瀬川の表示がありました。

   橋から一之瀬川を撮影。思ったより水量が少ない。
  塩山一之瀬集落に到着
   廃屋がちらほらあり、寂しいところでした。
   右の写真は鳥居。祠がぽつんとありました。
  無名の神社と、金鶏寺
   左の神社は、なにを祭ってるかすらわからず、名もありませんでした。
   金鶏寺も墓地はまばらで、赤い屋根の左手に古びた墓石が数多くありましたので、
  宇澤名の墓石は、ありませんでした。
  二ノ瀬と林道
   金鶏寺から少し走ると、二ノ瀬に到着です。
   人の生活環と気配はありません。過疎の村です。
   二ノ瀬から411号を目指す林道(明治時代にはない道)の左手にミノワ沢へいく登山口が
  (巡視道)整備されていました。
   明治時代は、ここから先、花魁淵まで道はありませんでした。

  花魁淵と藤尾橋
   ごらんのとおり、花魁淵へ降りる411号は廃道となり、フェンスで閉鎖されてしまいました。
   肝試しに行く若者たちは、ここを突破するのでしょうか?
   緑豊かな真の花魁淵ではないかといわれている藤尾橋です。
   手前にロープがあり、渡れなくなっています。
   ちなみに五十五人淵が正しく、元々の位置は藤尾橋あたりだと思われます。
   確か、この場所に立正佼成会が、例の慰霊碑を立てようとしたところ、反対だか問題だかで、
  今の花魁淵に建てたという話を聞いたことがあります。
上向き矢印 このページの先頭へ
2012 by165