ホーム サイトマップ

埋蔵されていると思われる物
貨幣(小判 甲州金)
  万延小判 万延元年(1860年)2月、製造量666,700両、重さ0.88匁、金含有量56.8%
  そんな、0.88匁(もんめ)なんてわかりませんよね?
  1匁=3.75g 0.88匁なんで、3.3gですね。 5円玉が、ちょうど1匁の3.75gなんで、
 5円玉より軽いです。
  金が56.8%入っていますので、1.8744gの金・・・少ない。
  慶長小判 慶長6年(1601年)頃、製造量14,727,055両(推定値)、重さ4.76匁、金含有量84.3%→86.8%
  さすがに江戸初期の小判です。ゴージャスですね。時代劇で出てくるのはこの小判か天保小判ですかね?
  4.76匁=17.85g。まぁ約10円玉4枚ですね。 最大で86.8%金が入っていますので、15.4938gの金
  甲州金 重さ約5.8匁=約22g、金含有量約82% ※武田の場合は匁ではなく、糸目という重さの単位
  戦国時代に武田氏の領国甲斐国などで流通していたと言われ、江戸時代の文政年間まで鋳造されていた。

  左「露一両金」 右「一分金
金塊(法馬金・竹流し金)
  法馬金(分銅金)
  法馬金は分銅の形をしており、豊臣秀吉が最初に鋳造し、徳川幕府においても造られました。
  大判1000枚で造られた千枚分銅金(約165kg)、大判2000枚で造られた二千枚分銅金(約330kg)の
 「大法馬金」と重さ375gの「小法馬金」とがあります。 金含有量 96%

  小法馬金については尾張徳川家が所蔵していたもの300個が、日露戦争前に日本銀行に買い入れられ、
 現在、貨幣博物館が所蔵している。

  小法馬金は、縦48.82mm 横37.07mm くぼんでいる部分は面倒ので割愛。
  竹流金 重さ 約26.3匁=約98.6g、金含有量約73% 寸法不明
  永禄、天正の頃から豪族・大名達が、軍資金として備蓄したり恩賞用としたもので、竹のような形の鋳型に流し込んで
 造られたとみられます。  
  実際に、昭和10年大阪淀川から発見され、大坂城落城の際の遺物とされています。
その他
  朱=朱漆
  これにはいささか疑問を持っています。
  確かに漆は高価なのと、鎧等の防具へ塗ることにより、その強度が増す塗料です。
  しかし、朱を作るには生漆を精製しなければなりません。精製した後の朱を埋蔵したのでしょうか?
  また、カメだろうが樽だろうが土中や洞穴だろうが、揮発性の高い漆の中長期保存に問題があると思います。
  当時も今も高価だとはいえ、1kgあたり3万5千円です。一斗樽(18L)だとしても63万円です。
  これをわざわざ埋蔵する必要があったのでしょうか。

  三貨制度の中に小判から一分、二朱など補助通貨があります。この二朱・一朱などの「細かいお金」か、
 辰砂(赤色硫化水銀)のことだと思っています。
小判の重さなど
小判の価値
小判名 重さ 金含有度 金含有量 現在価格
4,240円/g
平成24年8月4日
慶長小判 約17.85g 84.3% 15.04755g 63,801 円
元禄小判 約17.85g 54.7% 9.76395g 41,339 円
宝永小判 約9.40g 84.3% 7.92420g 33,598 円
正徳小判 約17.85g 86.0% 15.35100g 65,088 円
享保小判 約17.85g 86.0% 15.35100g 65,088 円
元文小判 約13.00g 65.0% 8.45000g 35,828 円
文政小判 約13.00g 56.4% 7.33200g 18,367 円
天保小判 約11.25g 56.8% 6.39000g 27,093 円
安政小判 約9.00g 56.8% 5.11200g 21,674 円
万延小判 約3.30g 56.8% 1.87440g 7,818 円

  ヤフオクとかで、真贋がわからない小判が売られていますが、本物は上記の表の重さとほぼ変わりませんので、
 この重さより0.数グラムならまだしも、1グラムも少なければ偽物だと言えます。
千両箱の重さ

  小判の重さは上の表にも書きましたが、箱自体はにより異なり(時代により小判の大きさが異なるため)ますが、
 文政あたりので4〜5kgだったらしいです。

  万延小判で計算しすると、3.3g×1,000両=3,300g 3.3kg 箱の5kgを加えると8.3kg
  まぁ錠前とかコミコミで約10kgでしょう。
三貨制度

  金・銀・銭、3種の異なった貨幣からなる貨幣制度を「三貨制度」といいます。

  江戸時代の両替の目安です。
  当時の小判1枚の価値を現代に直すと、当時のインフレ率によって異なりますが、10万円といったところ
 でしょうか。

  享保の頃に「二八そば」が出現し、そば粉の割合の話ではなく(2×8)の16文で売られていた。
  立ち食い蕎麦屋で、もりそば(もりうどん)が280円ということは、280円÷16文=1文が17.5円
  4,000文で1両だから、1両7万円となる。もちろん時代によってそばの価格も変わるから1両10万円だろう。

  ちなみに ちなみに ちなみにであるが、吉原の遊行費(参考:細見=ガイドブックの当時の揚げ代を見ると)

  <予備知識から>
   *張り見世
    時代劇で、格子窓の中に女の子がいて、通りの男を手招きしているあの格子窓

  <ランク>
   *ナンバー1
    新造付き呼出
(しんぞうつきよびだし)
     最高級の遊女で、張見世をせず、仲の町を道中する権利を持つ。
     当時の揚代をみると一両一分で、現在の12万5千円
     新造付きとはオプションのことではなく、花魁道中のシーンで花魁の前を歩く二人の少女たちのことで、
    花魁の身の回りの世話をする。
     呼び出しとはデリバリーのことではなく、店が指定する近所の料理屋まで客をお迎えに行くことで、
    簡単に言うと同伴。
     日光江戸村の花魁道中は、客を迎えに行くシーンなのだ。

   *人気の子@
    昼三(ちゅうさん)
     張見世をしない見世昼三、張見世をする平昼三などがあるが、時代劇のはこの子たち。
     今でいう指名が多い子かな。
     揚代は三分で、7万5千円

   *人気の子A
    付廻(つけまわし)
     いろいろな種類があるけど、店内にいる子。
     揚げ代は二分で、5万円
     女の子がいる飲み屋で、席に付く女の子がコロコロかわる経験をしたことがあるオッサンも多いと思う。
     あのコロコロ替える行為を「付廻し」と呼ぶ。
     指名料は払いたくない!けど、あそこにいる子に来てもらいたいと思ってもなかなか来てくれない。
     あのボーイ「付廻しが悪いなぁ」とぼやく前に指名しろ!

   ※ここまでの遊女が「花魁」と呼ばれた。
    
花魁にしか街中を歩ける権利がないので、花魁道中ができるのもここまで。

    そのほか、座敷持ち、部屋持ちなどもいるんだが、あとは自分で調べてもらいたい。
    遊郭以外に飯売女や夜鷹などの私娼もいる。

    ちなみに、遊郭出身の四十歳前後の女性で、遊女たちの監督をする係を「遣手(やりて)」という。
    そう!あの「あいつは、やりてだ!」のやりて。 やり手ババアが正しい使用方法w

    意外と、現代でも使われている言葉が多いね。

上向き矢印 このページの先頭へ
2012 by165