ホーム サイトマップ
赤城編 世良田編
現地レポート 徳川埋蔵金 赤城編
  群馬県渋川市赤城町津久田の交差点です。
   ここが、謎の銅板に書かれている「上毛赤城原野 字津久田原云フ」の津久田です。
   津久田駅よりひとつ手前に敷島駅があり、そこを流れる利根川から埋蔵金を陸揚げしたと
  言われており、津久田原とは赤城町津久田のことを指すのだと考えています。
  赤城長井小川田を流れる沼尾川
   ご覧のとおりほとんど水がありませんでした。
   畠山清行氏は、その著書「眠ったままの埋蔵金」で、この川にかかる年丸橋近辺が怪しい
  と記しています。
   しかし、八重野充弘氏がその著書「謎解き 徳川埋蔵金伝説」の中で、畠山氏は橋の名前を
  誤り「年丸橋」ではなく「小川田橋が正しい」としています。
   さらに、「沼尾川は細いおとなしそうな川だが、増水すればたちまち暴れ川になることだろう
  し、明らかに河岸を長年にわたって侵食してきたあとが見られる。こういう場所に、
  兵法を心得ている者が軍用金を埋蔵するなどどいうことがあるだろうか。」と記しています。
   165も現地をみたが、全くそのとおりだと感じた。
  双永寺本堂
   この本堂の床下から3枚の銅板が発見されたというが、ここに住む女性は当時のTVインタビ
  ューで、そんなものが出たという話は聞いたことがないと答えていました。
   165は、その女性に会って話をしたことがあります。
   *いまでも年に1回はここを訪れる探索者がいる。
   *本堂の裏の墓地を調べさせてくれと言って許可したが、掘り返すだけ掘り返して埋め戻さない
     まま行方をくらました探索者がいた。
   *屋根は檀家さんの協力により葺き替えた。
   建物には結構痛みがあるが、赤城埋蔵金の本に紹介されている建物なので、本物を見た時の感
  動はひとしおだった。
  いざ!金山宮へ
   双永寺の裏手の山にある金山宮への入口。
   急な勾配の石段が400?500段はあるかも・・・
  金山宮社殿&殿中
   中は怪しげな天狗のお面と木刀が。
   双永寺のおばーちゃんの話によると、ここは昔から剣術の練習場所であり、いまでも剣士が
  お参りをしたり稽古しているそうだ。
   もしかして、児玉惣平(拡平)が剣術を教えていたのかもしれない。
上向き矢印 このページの先頭へ
2012 by165