ホーム サイトマップ
赤城山編 世良田編
現地レポート 徳川埋蔵金 世良田編
 
世良田東照宮
  世良田東照宮
   埋蔵の候補地、埋蔵金と関係があると言われている世良田東照宮です。
   関東の方なら東照宮=日光と思い浮かぶでしょうが、東照宮は各地にあります。
   ここ世良田東照宮は、徳川家康の先祖、新田氏の始祖である義重から新田荘の内、
  当地「世良田」 他5カ郷を譲り受けた子の義季である。義季は5カ郷内にある利根川沿いの
  押切を徳川と改称し、 徳川義季と称した。

   寛永21年(1644年)、3代将軍徳川家光の命により、徳川氏の遠祖の世良田義季の墓があり、
  天海僧正が住職をしていた長楽寺の境内に創建された。
  真言院井戸
   世良田東照宮内におとなりの長楽寺の別院真言院があった。
   家康の命により長楽寺住職となり、当院を再興した天海僧正(慈眼大師)によって、
  寛永十九年(1642年)に作り替えられたものである。
  拝殿の奥にある本殿
   規模は小さいものの、日光に負けないような彫り物
   三つ葉葵が彫り込まれており、日光東照宮の桔梗の紋と違うのかと思った。
   日光東照宮は、元和3年(1617年)創建、こちらは寛永21年(1644年)
  境内にある資料館は埋蔵金に関わる資料も
   神主さんヤル気まんまんですな。
   世良田東照宮のホームページに詳しく出ていますのでそちらを御覧ください。

   ちなみに165は、どことどこを結ぶ線とか、ここから真北の方向には。。とか、
  いわゆるレイラインは
まったく信じていません。
 
   レイライン(点と点を結ぶ線)は、その点と点の根拠がまず曖昧。
   また、自説の点と点に合わせるため、地図の縮尺の方を変えているから嫌いです。
長楽寺
  長楽寺(天台宗)
   建てなおされたばっかりって感じでした。
   世良田東照宮と長楽寺ではこちらがメインのはずなのに、すっかり静かになっていました。
  長楽寺に赤城が実在した!
   境内の横にひっそりとある赤城社跡、天海の長楽寺、その横の東照宮、そして赤城社・・・。
   ちょっと出来過ぎた感じだが、これを元に調査したTV番組がある。

  しかも赤城山は、前方後円墳の上にある。
   古くから文殊山(ぶんしゅやま?)と呼ばれていた。
   こうゆう古墳と神社仏閣が合わさっているところはポイントです。
  本殿の億のお堂
   もう100%江戸時代。
   絶対盗賊一味がねぐらとしている打ち捨てられたお堂
   奥の扉をバーン!と蹴破ると、盗賊一味がガバっと起き上がるシーンが目に浮かぶ。
  こんなところに牛石
   開山栄朝禅師が全国を旅していると、牛がこの場所で倒れて石になってしまったと
  書いてあります。
   この石に座って願い事をすると願いが叶うそうですが、凹凸と苔のむし具合から座る
  気にはなれませんでした。
   しかも、倒れた牛は溶解したのでしょうか?とても牛には見えませんでした。
   牛石って、いたるところにあるけど、なんかの信仰なんでしょうかね?
  彼岸花と石仏
   周囲を探索すると石仏が多く見られた。
   画像奥の方に馬頭観音も見える。

  見ざる聞かざる言わざる
   日光だけではなく、こんなところにも
上向き矢印 このページの先頭へ
2012 by 165