ホーム サイトマップ
武田の埋蔵金
 
  武田家の埋蔵金


  徳川家が関係したと言われる徳川埋蔵金のような埋蔵金ではなく、武田家が関係したかは不明な埋蔵金がある。
  武田家の埋蔵金とされるのは大きく二つあり、一つは本能寺の変の直後、徳川家康と供に京都から逃げ出した武田信玄の家臣穴山梅雪が埋めた(移した)と
 される武田信玄の埋蔵金。
  二つ目は、これからご紹介する武田家の管轄下にあった黒川金山で働く金山衆が関係したのではないかと言われる「高橋修二郎の埋蔵金」である。

  明治四十年頃のある秋の朝、柳沢川と龍喰川の合流する「花魁淵」の近くの山中で、東京の日本橋小伝馬町のアサバ写真館館主、高橋修二郎の滑落死体が、
 塩山一之瀬高橋の二ノ瀬の宇澤某により発見された。
  高橋修二郎の遺物から、5分ほど(役15mm)の丸さで、長さ七、八寸(210mm〜230mm)の山吹色の棒が十本と、ひどく雨にたたかれ、文字も
 部分々々消えているが、高橋修二郎が書いた次の内容のメモが手帳に残されていた。
 
 
 高橋(十字不明)
  腕の形
(九字不明)
  大本
(三字不明)右三本(八字不明)
  山
(五字不明)あり穴は大きな岩の
  左からみ
(七字不明)
  木で
(六字不明)
  棒は大で
(六字不明)十枚
  のべ板
(四字不明)二つの穴
  にもま
(五字不明)ある
  右の
(三字不明)口は川につ
  いて下って三つ目の
(一字不明)
  のほらあなから入る


  ※畠山清行 日本の埋蔵金より抜粋
 
 
 上記の「高橋修二郎が見つけた埋蔵金」は、埋蔵金としては比較的近年に発見された(本の中では)ものであり、地名等が含まれており具体的である。
 
検証と考査
 
柳沢川と龍喰川の合流する「花魁淵」の近く
  畠山清行氏は、著書の中で、
  柳沢川と龍喰川の合流する「花魁淵」の近くの山中と書いている。
 
  左の地図を見て頂きたい。
 
  柳沢川と合流するのは、一之瀬川である。
  柳沢川と一之瀬川の合流地点には「花魁淵」がある。

  龍喰川と合流するのは、一之瀬川である。
  だが、合流地点付近には「花魁淵」はない。
  遠目で花魁淵はあるが、花魁淵から龍喰川と一之瀬川の合流地点まで、
 九十九折な林道を車で約10分、約3kmの道のりは、近いとは言えない。
  また、この林道は、昭和の高度経済成長時に作られたもので、明治時代は
 もちろんのこと、畠山氏が著書に記す時には、左側にある犬切峠を越えなくては
 ならない。
  林道付近にも道がないわけではなかったが、藤尾山の斜面を登るルートであ
 った。
 
 <考査>
  畠山氏が、
  @
柳沢川一之瀬川の合流を誤って、柳沢川龍喰川と書いたのか?
  A一之瀬川
龍喰川の合流を誤って、柳沢川龍喰川と書いたのか?
 
  これは、もう誰にも分らない。

  余談だが、古い文献には、「花魁淵」ではなく「五十五人淵」と書かれている。

  しかも、五十五人淵(通称:花魁淵)は、今の花魁淵の位置ではない。
  おまけに今の花魁淵は銚子の瀧にあるが、本当の花魁淵には滝がない。
  「演舞中の遊女を演台を切り落とし、生きたまま
滝つぼに落とす
  センセーショナルですが、創作ですね(笑)
  実際に五十五人が死んだかもしれませんが、滝は有りません(笑)
注意事項
 
  沢登り好きの方のブログ等があり、龍喰川の遡行が紹介されてあり、みんな楽しそうですが、あれは沢登りだからです!
  龍喰川沿に東京都水源林の巡視道がありますが幅員20cm程度で、崖は45度よりきつく、谷は約30mもあり、落ちたら死ぬ!助かったら奇跡です。
  龍喰谷、大常木谷は、非常に危険です。
  熊の巣です。携帯電話は、各社圏外になります。スズメバチは見ませんでしたが、ブヨいます。
  絶滅したとされていますが、甲府盆地底部一帯には、かつて日本住血吸虫症がいましたので、念のため生水は飲まないほうがいいです。
  一人で行くには危険ですので、絶対におやめください。
  
上向き矢印 このページの先頭へ
2012 by165