ホーム サイトマップ
結城の埋蔵金
 
  結城家の埋蔵金


  日本の三大埋蔵金 豊臣秀吉の埋蔵金、徳川の埋蔵金、そしてこの結城の埋蔵金といわれています。
  三大とは、その埋蔵量になります。

  結城家の祖、初代朝光(ともみつ)は、源頼朝に忠勤して奥州藤原氏を征伐した折、藤原氏から略奪した莫大な砂金を恩賞として受け取ったとされ、
 その朝光を祖とする結城家は、以後、富裕を謳われ、実録三六万石にもかかわらず「結城百万石」と呼ばれてきた。
  十七代晴朝(はるとも)の代になって、豊臣秀吉によって徳川家康の実子の秀康を養子に迎えた。
  晴朝は、これをよく思わず、その財宝を埋蔵したと言われる。

  埋蔵場所の候補地は、結城城址、中久喜城、会之田城などがある。

  金光寺
  この埋蔵金で有名なのは、金光寺の三種の和歌であろう。
  この金光寺の山門の梁に浮彫で掘られた三種の和歌を解くと、埋蔵金のありかがわかるなどと、まことしやかに囁かれており、この解読に何人もチャレンジしている。
  確か、女性の研究家が、三種の和歌を解いたとどっかにあったが、その後どうなったかはわからない。
  金光寺は、晴朝の館の近くにあり、この金光寺のどこかみ埋蔵金が隠されているという説もあるが、ん〜って感じだ。
 
  金光寺の三種の和歌を否定するつもりはないが、
  晴朝は、慶長19年(1614年)7月20日に越前国北の庄または中久喜城にて81歳で死去されたとされているが、400年経った山門とは思えない。

  きの苧かふゆうもんにさくはなも みどりのこす万代のたね

  こふやうにふれてからまるうつ若葉 つゆのなごりはすへの世までも

  あやめさく水にうつろうかきつばた いろはかはらぬ花のかんばし

 
検証と考査
 
埋蔵金発見を伝える瓦版

1859年(安政6)に江戸で発行された結城埋蔵金発見のかわら版
(早稲田大学演劇博物館蔵)
結城市・結城市観光協会発行「絵図ゆうき」
  この埋蔵金発掘が最初にくわだてられたのは、享保(1716年から
 1735年)で、場所は結城城内とだけで正確にはわからない。
  二回目の発掘は、これも八代将軍吉宗の元文三年三月で、結城城下から
 二里ほど離れた下野国吉田村的場の会之田城址を掘っている。
  この発掘には、江戸町奉行大岡越前守忠相が現地に出張、指導したとい
 われるが、土砂崩れで十一人の死者を出して中止している。


  左は、発見を伝える瓦版
  そのほか、天保五年に書かれたとされる「野州本吉田村金堀一件」などの
 古文書も存在する。
  
  かの、藤岡屋由蔵もこの埋蔵金のことに触れている。
上向き矢印 このページの先頭へ
2012 by165