ホーム サイトマップ
徳川埋蔵金
 
  一番有名な埋蔵金


  明治から今日まで百年を悠に超える長い年月、私財を投げ打って徳川埋蔵金の発掘事業にあたってきた水野家。

  発掘事業の創始者である水野智義のは、由緒ある旗本の家に生まれた智義は薩長との戦いで各地を転戦したといいます。
  やがて江戸幕府が崩壊した後、智義は義父とも仰ぐ中島蔵人は、かつての公儀勘定吟味役という幕府の要人だったことから駒込で隠れるように暮らしていました。
  中島蔵人は、臨終の際に智義を呼び寄せ、智義は徳川埋蔵金の事実を聞かされることになります。
  日本橋で商売に成功した智義は、その豊富な財力をもって埋蔵金発掘にあたりますが、当初は榛名山を探していました。
  しかし、発掘中に赤城山であるということを耳にし、赤城山に人生を賭ける決心をします。智義三十一歳、明治十六年のことでした。
  この財宝はもともと個人の持てるような性質のものではなく、発掘されたら、全日本人のために貢献する事業とした高い理想と、豊富な財力で何十人もの労働者を
 雇い、調査と研究を重ねながら発掘事業を続けていましたが、掘り出すことなくお亡くなりになりました。
  その後、長男の義治、二男の愛三郎へと継承されていきます。
  そして発掘事業及び調査・研究は、愛三郎の子息である水野智之氏が引き継ぎ、同時に智義の理想も受け継ぎます。
   「断言します。埋蔵金は水野家以外出ません。」と、智之氏は「あたえられるか否か」で言っていました。

  そんな水野智之氏も2011年たしか7月だったかな。お亡くなりになりました。


  TV番組で一躍有名になった埋蔵金
  コピーライターである糸井重里氏がリーダーとなり、赤城山の麓で水野家が三代にわたり掘り続けた「徳川埋蔵金」を『ギミア・ぶれいく』という番組で
 1990年から1995年もの長きにわたり、毎回高視聴率をたたき出した。
  165もこの番組をドキドキしながら見ていた。
  糸井自身も土木番組というように数台のシャベルカーを使い、幅は100メートル、最深部は60メートルほど掘り進んだが出なかった。
 
  その後も同様な番組があったが、発見には至っていない。
 
数多くの物証
 
双永寺から出土したと言われるもの
  謎文
   甲乙丙 一八六など書かれた銅板
   右、一ニト記シタルハ方度足斟ノ両用トス と、書かれている。

   水野一族は、これを甲(きのえ)=東とし、一八六を歩数または尺数とし源次郎の井戸(角田源次郎がかって掘った井戸)を
  中心にて探索した。

   165は違う謎文も収集している。複数存在するのだろうか?。
  絵地図
   左上に「上毛赤城原野 字津久田原云フ」と書かれており、赤城の津久田原の地図だと思われる。
   水野氏一族は、この絵地図を元に探索したということは、著書等に出てこない。
   赤城で似たような地形が見つからなかったのか、謎文の方を有力と見たのかは不明。
   絵図の中に「中」と書かれた部分や「○」、木を連想させる「」などが書かれている。

   私165は、水野氏が謎文を何代にもわたって探索したが見つからなかった結果を踏まえて、「場所が違うのでは?」と考え、

  この絵地図の場所から探索しています。
  方位図
   「子=北」「牛=南」などを見る限り、「中」を中心とした方位図と思われるもの
   甲の下に「△」戌の下に「○」などが書かれており、「△○」のもつ意味は不明である。
初代水野智義氏が角田源次郎から手に入れたとされるもの
  黄金の家康像
   黄金の家康像は、詐欺にあい水野氏の手元にない。真鍮の家康像が手元に返ってきた。
   この写真は黄金像なのか、真鍮のものなのかは不明。
   以前、TV番組で家康像を見たことあると証言し「そりゃー綺麗な像でした」とコメントしていた。

   しかし、源次郎の井戸の付近というで、源次郎の井戸からではないとされている。
  灯明皿
   黄金の家康像と一緒に源次郎の井戸から発見されたといわれる。
   「子ニ四芝下炭」など、謎の文が刻まれている。
  萬四目上覚之帳(よろずしめあげおぼえのちょう)
   慶応2年1月から10月の間、前橋藩士・松村竹二郎と名乗る人物を首領とする武士数十人が、領民ら100人以上を動員して
  津久田原で何らかの作業をしていた際に、竹二郎らの用いた資材の調達を担当しており、「萬四目上覚之帳」なる資材購入の台帳
  などを持っていた。
   初代水野智義氏は苦労して手に入れた。
初代水野智義氏が、児玉惣平(拡平)なる人物からもらった巻物
  大義兵法秘図書(たいぎへいほうのひずしょ)
   当初敵愾心をむき出しにしていたこの児玉惣平も、やがて智義に対して心を開くようになり、
   明治24年(1891)に没するまでの間に御用金の隠匿の経緯を記したといわれる「大義兵法秘図書(たいぎへいほうの
  ひずしょ)」なる謎の巻物や、やや曖昧ないくつかのアドバイスを智義に与えた。
   蔵人の言葉の中に、「児玉こと藤原(菅原とも)殿が御用金を見張っている」とあったというのは児玉拡平のことであろう。
   また、児玉拡平が智義に語ったというところによると、この御用金計画には、小栗上野介忠順(幕府勘定奉行)、
  林鶴梁(幕府代官・学者)、林 国太郎(林鶴梁の長男)、羽倉鋼三郎(林鶴梁の次男)、中島蔵人(幕府勘定吟味役)
  柴田監物(幕府甲府城代)、=中島蔵人の上司、雲井龍雄(元米沢藩士)、屋代昇平(元前橋藩士)
  大忍坊温海(だいしんぼううんかい、僧侶)、桜正坊(おうしんぼう、僧侶)といった人物が関係しているという。

  水野家は、この大義兵法秘図書を大変大事にしており、TV番組内でも全部は公開せず、一部解明した謎の文章を伝えるのみ
 であった。
上向き矢印 このページの先頭へ
2012 by165